公開日: |最終更新日時:

不妊治療の検査と治療の流れ

2022年4月から保険適用になるということもあり、今まで以上に注目度が高まっている不妊治療。センシティブな悩みだけに、なかなか一歩踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか。ここでは不妊治療の検査と治療の流れを紹介します。

時期に関係なく行われる検査

精液検査

不妊の原因は女性側だけではなく男性側にも原因がある可能性あるとされています。不妊症の実に約半数と男性側に原因があるともいわれることから、不妊治療を行う際には男性側の検査も行われているのです。精子の数や形態・運動性について行う一般検査や、機能性・染色体・遺伝子などについて行う特殊な検査が必要になります。精液検査を行わず不妊治療を進めてしまうと、男性側に原因があった場合は治療結果が出ないこととなります。

抗ミュラー管ホルモン(AMH)

抗ミュラー管ホルモンはAMHとも呼ばれ、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンをいいます。女性の卵巣予備能を知る指標になると考えられており、この濃度を測定することで卵巣予備能がどれくらいかを推定することができます。これは最も早く卵巣予備能の低下を感知できる検査と考えられており、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だと高値を示すこともあります。これにより適切な排卵誘発法を選定できたり、卵巣過剰刺激症候群のリスクを下げることができます。

感染症検査

世の中にはさまざまな感染症がありますが、中には妊娠中に感染してしまうと母子に対して問題を起こしてしまう感染症もあります。こういった感染症を発見するため、初診時にスクリーニング検査を行われるケースもあります。また、甲状腺機能検査を行う場合もありますが、これについては必要の有無を主治医と相談することが一般的です。性感染症のなかには不妊の原因となるものもありますので、感染症検査は行うことが望ましいでしょう。

月経1-5日に行う検査

ホルモン値の測定(LH/FSH/PRL/E2)

ホルモン検査にはさまざまな検査あります。

高度不妊治療も対応している目黒区の不妊治療医院3院

高度不妊治療の対応ができる東京都目黒区のクリニック3院をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。(2020年5月時点の情報)

24時間サポート体制

晴晃会
育良クリニック
育良クリニック
引用元:育良クリニックHP(https://www.ikuryo.or.jp/)
対応
診療
検査(男女)
一般不妊治療
高度不妊治療
漢方治療
完全
予約制
日曜
診療
検査 10,000円~

ブライダルチェックも対応

峯レディースクリニック
峯レディース<br>クリニック
引用元:峯レディースクリニックHP(https://www.mine-lc.jp/first.html)
対応
診療
検査(男女)
一般不妊治療
高度不妊治療
完全
予約制

(土曜日は
予約不可)
日曜
診療

(指定患者
のみ受付)
検査 40,000円~

月2回の妊活勉強会

とくおかレディースクリニック
とくおかレディースクリニック
引用元:とくおかレディースクリニックHP(http://www.tokuoka-ladies.com/index.html)
対応
診療
検査(男女)
一般不妊治療
高度不妊治療
漢方治療
完全
予約制
-
日曜
診療

(体外受精
診療のみ)
検査 21,000円~

※35歳以上の本気で妊娠したい方のために、一般不妊治療から高度不妊治療まで幅広く対応できる目黒区の不妊治療クリニックを紹介しています。万が一治療のステップアップを考えたとき、転院すると検査はやり直しになってしまうことも鑑みて、このサイトでは高度不妊治療まで対応できる医院を選定しています。
※特定不妊治療に係る指定医療機関:厚生労働省から高度不妊治療に必要な設備と必要な経験値が認められた医院。高度不妊治療は自由診療ですが、条件さえあえば助成金を申請することができます。ただし、年齢制限・年収制限・申請期間の制限など細かい条件がありますので、不明な点はお住まいの区にお問合せください。
※検査費用は受けたい治療法によっても前後する可能性があります。検査費用の詳細は、クリニックにご確認ください。